井上尚弥

井上尚弥(3)

5階級制覇したボクシング界のレジェンドがウェイト下げてきて、そして井上に対抗する時の、そのやはり仕上げてきたのですよ。だからあれだけの意気込みがあり、あれだけの名作を作ったのですよね。(井上尚弥vsノニト・ドネア) ナバレッテがアメリカのマ...
井上尚弥

井上尚弥(2)

あそこのダウンシーンですね、レフリーはカウントアウト出来たかもしれませんね。(井上尚弥vsノニト・ドネア) 試合の翌日に中国のWBA総会に行ったのですけど、参加者でビッグスクリーンで観てですね、「日本にもすごい選手が出てきたな」とみんな絶賛...
井上尚弥

井上尚弥(1)

アメリカのマスコミがモンスターって言われているからどの程度の選手かって思ったら、やっぱりモンスターだったと。試合後のマスコミの評価が高かったですね。(井上尚弥) 井上尚弥選手のスパーリングパートナーを私がフィリピンから呼んでいるのですけど井...
ノニト・ドネア

ノニト・ドネア(4)

ボクシングファンというのはどうも過剰反応するから「サンティアゴに負けた、ああドネアは終わり」、そういうものでは無い、やっぱりボクシングは相性なのです。だからドネアはまた盛り返してもう一回チャンピオンになる可能性、ポテンシャルはありますよ。(...
ノニト・ドネア

ノニト・ドネア(3)

一旦ウェイトを上げると筋繊維が太くなるのですね。それを絞って下のクラスにいくとどうしても筋肉が枯れるわけです。筋肉の中の必要な水分が枯れた状態。ところがバンタム級で井上戦を経て何試合かしましたよね。バンタム級で落ちついてきたんじゃないですか...
ノニト・ドネア

ノニト・ドネア(2)

確かにドネアの左フックというのは武器なんですけど、まあ決勝まで残ってくるとは思わなかったですね。(ドネアvsヤング) ただニコラス・ウォータースに敗れてからオーラがはれたといいますか、ドネアは恐るるに足らずという見方もあるのです。(ノニト・...
カネロ・アルバレス

カネロ・アルバレス(1)

今日の試合は勝ったのはカネロでした。そういうコット(事)です。(コットvsカネロ・アルバレス) カネロはメイウェザー戦の終盤と同じようなことをやっている。勝つための努力をしていないですよ。もっと手を出して。何度も何度もやるべきです。(コット...
山中慎介

山中慎介(1)

私はリング誌のレポートは長く勤めてるのですけど、リング誌のベルトというのは最近なんです。リング誌が認める統一戦ないし統一戦に相当する最強の2人が戦う時に特別にかけられる非常に価値があるものなのです。(山中慎介) アンカハスは山中慎介選手のス...
三浦隆司

三浦隆司(1)

三浦戦であれだけ逃げるとは思わなかったですよ。もう勝つことに徹して三浦選手の強打を発揮させなかったですよね。(ミゲール・ベルチェルト) 「これでミゲール・ベルチェルトvs三浦隆司というのが生まれるのだと思います(高柳アナ)」「ああ良い試合に...
ノニト・ドネア

ノニト・ドネア(1)

モンティエル戦はフィニッシュが凄くて良いのですけど、私が良かったなと思ったのは西岡戦です。フットワークは良かったし、サウスポーに対してシャープなジャブ・ワンツーついて、あの試合はドネアの出来が良かったですね。ベストファイトの1つです。(ノニ...